税理士の変更

MENU
無料であなたにお勧めの税理士をご紹介
↓↓↓
税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

税理士の変更を考えるのは経営者として当たり前

税理士は一度お願いすれば、そのまま継続して依頼することがほとんどです。それが今までの常識だと考えることもできます。というのも、税理士変更にはリスクが伴います。

 

変更した相手が今よりも良い税理士だという保証はありません。経験が豊富でも、あなたの業界に精通していなかったり、得意分野が違ったりするからです。

 

さらに税理士が変更になれば、今までやってきた会計処理や仕組みなども代わってしまうことがあります。これも現場のスタッフに負担がかかり、変更するには新規の依頼よりも難しいということが大きな問題なのです。

 

もし、税理士変更でお悩みの経営者がいらっしゃったら、スムーズに現在の体制から移行して、今よりも良い状況を作っていかなければなりません。

慎重にも慎重を重ねる場合には、やはり第三者的立場となる紹介サービスを活用するしかありません。そこで、業界でもナンバーワンで紹介実績も豊富な税理士紹介エージェントをお勧めしています。

 

税理紹介エージェントに寄せられる相談例

経営者の変更目的のお悩みで多いのが、偉そうにしている税理士先生です。業界で長く仕事をしていて、税務署にも顔が利くこともあり、安心感がありますが言いたいことを言えない場合があります。

 

お金を支払っている側が、顔色を窺いながら対応するというのはおかしな話しです。最近の若い人では少なくなってきていますが、いまだに先生商売をしているケースもあります。

 

このような人と無理に契約を続けることは、ビジネス上もマイナスです。たいてい経営上の積極的な提案もしてくれないので、何となくお金だけ払い続けていくような形になってしまいます。

 

他に売上至上主義の税理士ならば、顧客獲得を重視し、節税対策や決算対策をおろそかにするようなケースもあるようです。一度契約してしまうと、対応が悪くなるパターンですね。

 

また、税m樹の知識は一流ですが、パソコンや会計ソフトは全てスタッフがやっていて、経理業務や会計業務の話ができないこともあります。これは実務から離れている税理士の場合です。

 

さらに問題なのは、税務署の味方をするような税理士もごくまれに存在するということです。最初にたまたまお願いした税理士に依頼していて問題を感じているのなら、変更を考えるのもいいかもしれません。

 

また、契約見直しは一度だけではなく、決算期ごとの節目節目に行うべきです。税理士にも情報のフィードバックを送っていくことで、その事務所のスタッフの腕も上がります。

 

税理士紹介エージェントでは、たくさんの面談をして質の高い税理士と契約しているので、多くの経営者の不満点に対応することができます。

 

まずはお気軽にコチラから
↓↓↓
税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント